人気ブログランキング |

毎日がなんとな~くつづられた日記です。


by yum84
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

人身事故

バイトが終わって帰る、混雑する終電近い地下鉄のホーム。あたしの目の前で、人が線路に転落しました。電車はもう10メートル、いや、5メートルにまで近づいてきていたときでした。

本当に突然。電車来たな、と思ってちょっとずつ前進し始めたとき。女性が線路に転落。

悲鳴が響きました。引かれる!そう思ってあたしは目をそらすと同時に体を背け、壁に向かって身を寄せた。電車は減速ぎみだったため、すぐ止まった。恐る恐る目を線路に向けた。

幸いにも女性は無事だった。でも、体は電車とホームの間に挟まって出れない状態になっていた。

「電車を押してください!」少しでも隙間を作って女性を脱出させるためだ。駅員の声で、人が次々に電車に力をこめ、押し始める。あたしもとっさに電車を押した。電車の中の人はその反対側に固まる。「せーのっ!せーのっ!」掛け声と一緒に、みんなで電車を押す。みんなは知らない他人。その他人同士が力をあわせて助けようとする姿に、ショックも折り重なって泣きそうになった。

少したって、女性は無事救出された。多少の怪我はしているようだったけど、無事だったことに、まず、安心した。

40代~50代位の女性だった。連れが他に2人。転落する瞬間は見ていたけれど、故意なのかはわからなかった。でも連れがいたってことはあやまって転落したということなのだろうか。


今まで、「人身事故で」電車が止まったり、遅れたりするたびに、なんだよ、電車になんて飛び込むなよ、人の迷惑考えろよ、なんて思っていたけれど、今日のことを見て、そんなこと軽々しく言えない、そう思った。


それともうひとつ。電車をみんなで押している最中、いかにもカメラマンが持ってそうなカメラで写真を撮っている人がいました。それを見て思ったこと。もし、この写真が週刊誌やら、新聞の投稿写真欄やらに載ったとして、もし、転落したこの女性が見たとしたらどう思うんだろう。電車が目の前に迫ってくる、それだけで言い表せないほどのショックだったと思うのに、記録されるものとしてまたその写真を見たときに、そのときのショックに悩ませられるんじゃないだろうか。

でも、こういうことがあるんだ、として世の中に伝えることも大事だとも思う。その場に居合わせた人たちだけじゃなくて、もっと多くの人に知ってもらう必要がある。
「人身事故が発生しました」
その放送だけじゃわからない、実際にこんなことが起こってるんだってことを。

ジャーナリズムを勉強してる人間として、考えてしまいました。

なんだかショックです。あたしの知らないところで、もっともっとショッキングなことが起こってるんだろうな。数え切れないほどのショッキングなことが。
by yum84 | 2005-10-29 02:05 | あたし的本日