毎日がなんとな~くつづられた日記です。


by yum84
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:あたし的感想( 11 )

c0069459_19242116.jpgエントリーシートひとまずひとくぎりオメ!ということで久々にゆったり。ALWAYS 3丁目の夕日見てきました。親が今年一番いい映画だったと言っていたので。

すご~い泣きました。今年一番泣いた映画かも。とってもとってもあったかくて、でもちょっぴり切ないところもあったり。すごく安心する映画でした。笑える子ネタがいっぱいあったり、でも心に染み入ってくる場面がいっぱい。。見たあとに満足感でいっぱいでしたよ。

吉岡くんのダメ男っぷりがはまってた。堤さんのつっぱってるけどやさしい社長さんがステキ。薬師丸さん、包容力いっぱいでした。それにしても子どもたちがみんなイイ味出してたな。

見ないつもりでいたけれど、思いのほかいい映画でした!今年見た中でもトップクラスだぁ!


こんど狙ってるのは新春公開のTHE 有頂天ホテル。三谷脚本・監督?です。出演者が豪華スギ。味のある映画になりそう。そして三谷舞台の12人の優しい日本人見たいです。こちらもはげしく出演者が豪華です。当日券厳しいみたいだな~見に行きたいな~
[PR]
by yum84 | 2005-12-01 19:37 | あたし的感想
c0069459_23324232.jpg行ってきました。舞台。作・唐十郎、椎名桔平さん、黒木メイサちゃん、萩原聖人さんなんかが出てるものです。

なんとね~チケットがね~50円 なんですよ~


いや、それはちと違うけど。たまたま新聞に「懸賞でチケが当たる!」ってヤツがあって、ハガキ送ってみたら当たってしまいました。やっぱり今の時代、アナログは過疎ってるんでしょうかね。ネットだったらはずれてた気がする。

話はね、じつはよくわかんなかった!笑 でも何か心にぐっとくるもんがあったよ。演劇って感じるもんだと思うよ。うん。理屈じゃなくて。

舞台セットがね、すごい凝ってて。「水」がすごく重要な効果で、これがこの舞台の世界観をうまく作ってたと思う。ちょっとネタバレすると、、、

上から雨みたいに水が流れてて、屋根をつたってひとつのところにたまるんですよ。そこに水が落ちるときの音がね、いいの!世界に引き込まれた。

そして荻原さん。 ステキです。彼は声がすごいスキ。優しい声でなんか落ち着く。舞台でも映えるんですね、と初めて舞台で見て思いました。

椎名桔平さん・・・カコイイです。ほんと。


あいかわらずバカな文章ですが・・・感想でした!
[PR]
by yum84 | 2005-11-15 23:50 | あたし的感想

蝉しぐれ

c0069459_20202747.jpg
見に行ってきました~。渋い、とお思いでしょうが、あたし好きなんですよね~こういう時代もの。いや、時代劇が好きなわけじゃないんだけど。

そして市川染五郎さんがスキ。舞台の染五郎さんがとっても好きだから(*´д`*)

やっぱり染五郎さんは(・∀・)イイ!!言葉に重みがあって、なんだか引き込まれました。この武士の時代がいいなって思うのが、感情をあえて表に出さない、日本的感情表現です。礼節を第一に、絶対に感情のおもむくままに行動しない。今の時代となっては嫌われてしまう、この感じだからこそ、逆に心にずしんときます。言葉なんて要らない、そんな人間同士の関係性が、趣があって惹かれます。言葉がないからこそ、伝わるものってあるんですよね。

これ、ロケ地があたしの地元だったりするんですよ。それも見たかった理由だったり。


まぁ、突然映画なんて見に行ったのも、気分転換の意味もありまして。

テレ朝アナ→NG。うん、あんな糞面接で通ったら奇跡。

フジアナ→NG。なぜーー!?なにがいけなかったんだろ。。。

まぁ救いは日テレ総合職が通ったことなんですが、意外にへこむね~。自分さっぱりしてるかと思ってたんですが意外に引きずる。。でも悩んでたって意味ねーぜ!!!と言い聞かせる前向きyum84もいつものとおり存在してますので、そのうち浮上すると思います。

でもTMRリクエストベストの視聴、ちょっとだけだけどこれ聞くとちょっと元気になれるんだよね。HOT LIMITかっけ~~~!!
[PR]
by yum84 | 2005-11-05 20:41 | あたし的感想

大人計画・七人の恋人

c0069459_2332422.jpg
舞台見に行ってきました。

ぶちゃけ、意味はわかりませんでしたよwでもそれがクドカンテイストで、だから面白いんだろうなって。
とにかくずっと笑ってたなぁ。笑いの要素がいっぱいでw

なかでも一番異彩を放っていた阿部サダヲさん。舞台を支配してしまっていた印象でした。松尾スズキさん、クドカンさんもひどくこの人を褒めていたけれど、うん、わかる。カリスマ性のある人なんだな~と改めて思いました。

それにしても、すっかり大物になってしまった脚本家であり、演出家であり、監督もやってて役者でもあるクドカンさん。大物になってもここれまでのスタンスを変えず、あんな役もやってしまうなんてwwほんと好感ですよね。

ということでこれからIWGP見ますヘ(゚∀゚ヘ)日テレのエントリーも第一段階終わったので☆ちょっとした打ち上げw
[PR]
by yum84 | 2005-10-18 23:45 | あたし的感想

倖田來未ベスト

c0069459_20391911.jpg渋谷のイベント以来、いや、a-nation以来、いや、8月に友人がカラオケで歌っていたのを聞いて以来?くぅちゃんが気になり、聞いてみたこのアルバムBEST ~first things~、かなり(・∀・)イイ!!

気になってたちょうどこの時期に出してくれるなんてエイベックスGJ!!

R&Bで踊れる感じの曲が好きなあたしなのでくぅちゃんの曲はとってもあたしに合ってましたよ。知ってる曲もちょくちょくあるんだけど、知らない曲の方が多くて(特にディスク1の方)、でもその中にいい曲がいっぱいあって、かな~り満足。

くぅちゃん、歌うまいよね。なんて歌手の方に言うのはどうなのかって感じだけれども。なんていうか、歌に力があるっていうか。TMR然り、歌に力があるアーティストさんが好きだなぁ。あたし。

いまかなり女の子に人気みたいですが、ガンバってる女の子の代表なんでしょうね。あゆみたいに神的存在じゃなくて、もうちょっと身近な存在と言いますか。だからついていきたくなるのかもなぁ。

まだPV集見てないんですが・・・MTVでチラッと見た感じ、かっこよくってかわいくって、ちょっとね、見とれてしまったよ。早くみたいっ。
[PR]
by yum84 | 2005-09-25 21:08 | あたし的感想

容疑者 室井慎次

c0069459_19242825.jpgちょっとしたご縁を感じて・・・行ってきました、室井さん。

「踊る」シリーズだけれども、「踊る」のような派手さ、というかどんどん話が進んでいく感じではなく、わりと平坦に話が進んでいく感じだったと思います。独立した話のように思えました。

本編の「踊る」がだとしたら、これはのドキドキ感があったなぁ。

室井さん役の柳葉さんの、言葉少な目の演技がとても印象的でした。不器用だけど人間味がある「室井」にすごく好感がもてました。

ただちょぉぉっと地味すぎたかなぁ、と。もっと壮大な映像が見れるのかな、と思って行ってしまったのでなんとなく拍子抜け。
[PR]
by yum84 | 2005-09-14 19:38 | あたし的感想

NANA in the movie

c0069459_2331255.jpg映画版NANA見に行ってきましたよ~。漫画がすごくダイスキだから、映画はどうなんだろうなぁ・・・と思ってましたが、興味本位と成宮くん見たさに行ってしまった。

率直な感想。すごく、飽きずに楽しく見れたんだけど・・・見終わった後、あれ??もう終わり??って感じ。ここからちょくちょくネタバレ含みます。見たくない人はみないでちょ。






すごく原作に忠実でね、あぁ!こんな場面あった!漫画みて~!と、漫画がそのまま映像化されてて、なんだか不思議な気分にさえなりました。

でも原作がボリュームたっぷり、というか、いろいろあるから、2時間で詰め込めるだけ詰め込んじゃったから、なんだかせわしない感じもしたし・・・でもそれだから飽きずに見れたのかな、という気もしています。しかも、原作に忠実に?しようとするあまり、無駄な役が多いといいますか。レイラとかタクミとかぶちゃけあんまりいらない・・・(爆)それだからちょっと薄い印象。

そんで、もう終わり??という感じもここらの延長線上にあった気がします。映画は、ナナがタクミを707号室に呼んで、ハチが泣いちゃう場面で終わってるんだけど、あれ~ここで終わっちゃうのかよ~!?とちょっとびっくり。原作を知ってるからですかね。まだまだ続きがあることを知ってるからそう思っちゃうのかも。

ちなみに、最後、タクミがハチに「おかえり」っていうシーン、ビミョウに笑いが起こってました(笑)あたしもすごい吹き出しそうだったんだけどさ。玉山さんのナルっぷりが・・・笑

それとライブのシーン!わりとライブにはよくいくほうですが、なんか・・・ライブ寒かったような。。。ブラストのシーンでは客の微妙なノリ方にえぇぇ・・・と思い、トラネスのライブでは、ロックバンドの盛り上げ方、盛り上がり方じゃないだろう・・・と思ってしまいました。レンのギターの弾き方はオーラがあってよかったんですが。

そして賛否両論のキャスト。ほんとに賛否両論だから多くは語りませんが、章司役の平岡くん、スウィングガールズの頃からおっ。カッコいいんでない!?と思って注目してたんですが、やっぱりステキだった(#^.^#)笑顔が・・・ヤバイです。それにしても幸子かわいかったな~。

かなり毒舌でしたが、楽しめましたよ。なんだかかなり観客動員してるみたいだし、中島さんの曲も売れてるし。今日もデイリー1位だったみたいね。TSUTAYAで早速借りようかと思ったらまだレンタルしてなかったよ(-_-;)けっこうお気に入りの曲になりそうです。HYDEさんGJ!!以前東宝のある方が「タッチとNANAはくせものだ・・・」と言ってましたが結構ヒットしてんじゃん!やっぱりレディースデイだということもあってか、あたしと同じ位の年齢の方が多かったなぁ。
[PR]
by yum84 | 2005-09-07 23:33 | あたし的感想

やっと亡国のイージス

c0069459_22152057.jpg
やっと。

試写会行く予定だったんですが、諸事情により(爆)

先週「イージス見ずにここに来るなんて何事ダー!!」とバイト先で軽く言われてしまったので、バイトを明日に控えてゴゥ。ちなみにバイト先は亡国のイージスの製作会社でつ。ひそかに。

なかなかね~よかった!!泣きそうになっちゃいましたよ。

いままでボキャブラリーのないあたしは、事あるごとに「たのしかった」「面白かった」だなんて言って感想を漏らしてきたけれど、これはなんというか・・・そんなことばが似合わない。「感動した」でも違うし。

でもすごく心に感じるものがありましたよ。何を、誰を守るか、生きること・・・いろんなことを考えちゃいました。

そう。これを作る際、うちの会社のプロデューサーが、自衛隊に言われたことがあったそうです。

「約束してください。テロリストをおろそかに描かないでください」

だからテロリストはしっかり尊重されて描かれていました。だからなんだか。ずっしりたストーリーに思えた。

そして俳優さんがスゴイ!みなさん大物だけあって演技が深くて、ステキで、勝地涼くんも負けずにいい演技でしたよ。目がとってもステキで。舞台でKITCHEN見たときより光ってたようにあたしには見えたけど。

あとは映像・音楽がよかった!ここまでのアクション?だと、映像のちゃちさとか、音楽のしらじらしさなんかが気になってストーリーに入りきれないとき、たまにあるんですが、イージスは全然そんなことなくて。ぴったり!という感じ。

しいていうとしたら、難しい。。。もう一回見て理解したいかな、という感じ。

ちなみにあたし、製作会社のまわしものじゃないので(~o~)思ったことを書いただけで宣伝ではないですよ。だってヒットしたからって時給上がんないもん(笑)
[PR]
by yum84 | 2005-08-09 22:04 | あたし的感想
c0069459_12492448.jpg観に行ってきたー!!shuffle以来ちょっとだけ久しぶり??の舞台。舞台に行っていっつも思うのはやっぱり舞台はいい!!テレビのドラマなどとはちがった魅力がありますよね。

それにしてもよかったよ~やられたって感じです(@_@;)まず始めから「やられたっ」。これは一番のサプライズだと思うからネタバレしないけど。ビバ松尾スズキ!!

なんだか松尾ワールドにどっぷりつかってしまったよ。笑いが最初から最後まで、ところどころにちりばめられてるし、それでいて感じるところもしっかりある。オープニングも歌聴きながら泣きそうになってたけど、エンディングもヤバかったぁ~

今回前から3列目という舞台から激近!の席で。前だと舞台の全体を見るのが困難だからニガテって人もいますが、前は役者さんの顔が鮮明に見れてほんとイイ○らんらんかわいかった。。。高岡早紀さんめちゃきれいだった。。。すげぇ。。。阿部サダヲだ。。。←?

ちなみにこの人も出演者だったのかぁ!!とはじめ不覚にも笑ってしまったのは荒川良々くん。名前いってもわからない人が多いんですが。顔を見ればきっと知ってるはず!この人です。c0069459_13122436.jpg
なにげにおいしい役でしたよ。脇役なのに存在感ありましたね。

でも私のなかでのMVPはクドカンかな♪一般では脚本家のイメージ先行だけど、舞台ではしっかり役者さんなんですよ。ステキだったなぁ。

何年かぶりに見たキレイ。ちょっとだけ懐かしく思いながら、でも新鮮に見れた舞台でした☆
[PR]
by yum84 | 2005-07-28 13:20 | あたし的感想

戦国自衛隊1549

c0069459_16171741.jpgそうえば見に行っていたんですよ。戦国自衛隊1549

今年はローレライに続き、福井晴敏映画が立て続けですね!7月には亡国のイージスも待っていることですし。そういえばバイトの関係で、福井さんからの電話を受けたことがあります。いつものとおり、事務的に「いつもおせわになっております~」なんてこたえたものの、あの福井さんじゃないか!!と電話取り次いだ後に気づきました。。。

う~ん。。。この映画は。。。劇場で予告編を見たときから思っていたのですが、ありえない、ありえない、の連続の、いまどき珍しいほどの映画でした。だってまず自衛隊が、信長と共演しちゃってる絵がありえないんですよ。

ストーリーは、何年か前にタイムスリップしてしまった、自衛隊の部隊の暴走?を止めるために、また別の自衛隊がタイムスリップする。その世界が戦国時代、信長の時代。そこで先にタイムスリップした自衛隊が、歴史を変えてしまおうとするのを食い止めるために、江口洋介、鈴木京香らが立ち上がるという。

日本史大好きなんでこういう世界観はおもしろくて、楽しく見れたんだけど、なんだか…ぷっと笑ってしまいそうになるんですよ。とにかくありえなすぎなんです!!ありえない話は世の中にいっぱいあるけれど、子供が考えそうなちゃちいありえなさがなんだか。

一緒に行った方、映画関係の方なんですけども、配役がまずいと連呼しておりました。生瀬さんが自衛官に見えないとか、嶋大輔みたいなぽっちゃり自衛官はいない、とか。。。あたしも思ったのですが、「的場」という自衛官がいるのですが、それにかかわらず、的場浩司さん別の役で出しちゃったことは、狙ってないのかもしれないけど、狙ってるみたいに思えて、違うとこに思考が飛んじゃってまずい。

でも、北村一輝さん演じる七兵衛はすごくよかったです。侍の味がかなり出ててよかった。

辛口でしたが話としては、面白かったですよ。話もそんなに難しいわけじゃないし。どうやら大ヒットしてるみたいですね~☆原作を読んでみたい作品です。
[PR]
by yum84 | 2005-06-17 16:48 | あたし的感想